犬とご飯と雑貨。

astroyd.exblog.jp
ブログトップ
2011年 01月 08日

簡単ピクルスの原液の作り方。それと酢のお話。

健康、美容、殺菌などいろいろな効果がある酢。
b0168343_732539.jpg

無色透明、穀物から作られた『ホワイトビネガー』。
癖がないのでドレッシングやピクルスに使ったり、そしてお掃除にも使えます。
何にでも合う汎用性のある酢。

『アップルサイダービネガー』は名前の通り、りんごから作られた酢。
リンゴ酢です。
さっぱりしていてフルーティな香り。
ドレッシングや薄めてドリンクに。

私がフィシュ&チップスを食べる時に欠かせない酢が『モルトビネガー』です。
ビアバターで揚げた熱々の白身魚のフライにジャバジャバかけて食べるのがお気に入り。
大麦の麦芽が使われていて、深いコクがあります。

『ワインビネガー』はワインと同じ、ぶどうから作られた酢。
白と赤があり、ワイン特有の香り、穀物酢よりも酸味があります。
ドレッシングやマリネ、洋風な料理に合います。

同じぶどうが原料でも木の樽でゆっくり自然発酵させて作られるのが『バルサミコ酢』。
本物のバルサミコ酢は高くて買えないので、
スーパーで普通に売っているビネガータイプのバルサミコ酢を使っています。
オリーブオイルに加えてドレッシングを作ったり、料理の最後に隠し味に加えたり。
煮詰めてお皿に模様を描いたりもできます。



そして、この時期、我が家で頻繁に食べる野菜のピクルス。
原液を作り置きして冷蔵庫で保存してあります。
ピクルス液を作る時の割合は原液1に対して水が2〜3。
そして、この簡単ピクルス液に野菜を漬けるだけです。
一度に量を作っておくと、その後は面倒な手間が省けてラクチン。
※蜂蜜100mlになっていました。100gの間違いです。すみません、訂正しておきます。
b0168343_7332648.jpg材料 
ホワイトビネガー(穀物酢) 200ml
蜂蜜  100ml 100g 
塩 10ml

作り方
1. 小鍋に材料を入れて火にかけて1度沸騰させる。
2. 冷めたら瓶に入れて冷蔵庫で保存。



++関連レシピ
小さな胡瓜のピクルス 。






b0168343_7315850.jpg昨日の夕方、全体的に毛を短く切ってあげました。
日中、隠れてカミカミしていたらしく、
尻尾の付け根の横あたりがカペカペでした。
やはり持病のカイカイ病のお陰で、
この時期は熟睡できないみたいです。
朝ご飯を食べ終わって、今は私の後ろで眠っています。

↓食べ物2つと、アストロ1つ押してもらえると嬉しいです。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 犬ブログ ワイヤーフォックステリアへ
にほんブログ村

[PR]

by asydney11 | 2011-01-08 07:46 | ご飯。


<< 簡単、赤かぶのピクルス。      中骨でサーモンのアラ汁。 >>